資産運用に関する基礎知識|リートとはなにか

メンズ

レバレッジ率

スーツの人

海外fxは日本での為替取引よりも利益が高いといわれています。その理由が、レバレッジ率の高さです。レバレッジ率とは、簡単に説明すれば使用できる金額の上限です。取引を行う際、業者に証拠金を支払えば、その業者の許容範囲である倍率の金額を使用することができます。例えば、A社では最大レバレッジ率が100倍、B社では最大レバレッジ率が50倍だった場合、それぞれの業者に1000円証拠金を支払うことで、A社では10万円、B社では5万円分の為替取引が行えるということです。もちろん、最大の倍率で行う必要はありません。
レバレッジ率と日本での取引がどう関係するのかというと、日本ではこのレバレッジ率の最大倍率が固定されているため、大きな取引が扱いにくくなっています。これは、取引によるリスクを減らすためでもあるのです。しかし、海外fxではそういったレバレッジ率の制限が更に大きいため、ハイリターンの取引が行えます。海外fxを始める場合、このレバレッジ率で業者の比較をする人は多いです。業者によっては非常に高い倍率のレバレッジ率を誇ることもあり、業者選びによっては他の業者よりも利益が高くなることが多いからです。しかし、初めて海外fxを始めるのであれば、レバレッジ率の比較よりもむしろサポート面に気を配る必要があります。具体的には日本語サポートがきちんとしているか否かです。比較サイトでは日本語サポートをしているか否かについても詳しく書かれていますし、信頼性が高い業者が多いので、海外fxを初めてやる場合は比較サイトから探しましょう。